日本の「時」をつかさどる - ニュース
国立天文台三鷹キャンパス内にある「日本の時刻決定の基準点」記念碑
国立天文台三鷹キャンパス内にある「日本の時刻決定の基準点」記念碑(クレジット:国立天文台) オリジナルサイズ(5.0MB)

国立天文台三鷹キャンパスの一角、ともすると生い茂る草の丈に埋もれそうな碑(いしぶみ)があります。「日本の時刻決定の基準点」と記されたこの記念碑は、かつてここで日本の「時」を決めるための観測が行われていたことを物語っています。

現在私たちが使用している時計の一つ――たとえば電波時計は、標準時を発信する電波を受信して自動的に時刻を合わせています。またコンピュータの時計は、標準時を配信する専用のサーバと通信して時刻のずれを補正しています。こういった日本国内で使われる標準時(一般的に日本標準時、法令では中央標準時という名称が用いられます)を知らせる報時信号は、現在は情報通信研究機構(NICT)が送信しています。世界各地の標準時は、国際的に定められる「協定世界時」が基準になっていて、日本の標準時は「協定世界時+9時間」と決められています。この「協定世界時」は、世界中にある、極めて精度が高く安定した原子時計という時計を使って維持され、日本では、国立天文台、情報通信研究機構(NICT)、産業技術総合研究所(AIST)などにある原子時計群が、その一翼を担っています。国立天文台の原子時計群の維持・運用は、かつては三鷹で行われていましたが、現在はその役割を水沢キャンパス(岩手県奥州市)の天文保時室に移しています。

原子時計が登場する前、標準時は地球の自転運動に基づいて決められ、それは「子午儀」という特殊な望遠鏡を用いた天体観測から導かれていました。ある基準となる地点で恒星が子午線を通過する(正中する)瞬間を観測し、恒星の赤経や観測地の経度を正確に求めて、そこから標準時を算出します。かつて日本の標準時決定の観測を担ったのは、国立天文台(当時は東京天文台)三鷹キャンパス内の「連合子午儀室」という観測棟に納められた複数の子午儀でした。現在はもうその建物はなく、跡地には別の研究棟が建てられましたが、子午儀が置かれていた台座の一つが残され、そこに記念碑が設けられたのです。この子午儀による日本の標準時決定の観測は、1924年(大正13年)から1955年(昭和30年)まで行われました。

この大役を果たした子午儀の一つが、口径90ミリメートルの屈折望遠鏡を搭載したドイツのカール・バンベルヒ社製の子午儀(通称バンベルヒ子午儀)です。役割を終えてからは解体され、表舞台に出ることはありませんでしたが、現在はみごとに復元されたその2台の子午儀の姿を、子午儀資料館(レプソルド子午儀室)で目の当たりにすることができます(注)

日本の標準時決定の観測に使用されていた、90ミリメートルバンベルヒ子午儀
日本の標準時決定の観測に使用されていた、90ミリメートルバンベルヒ子午儀(クレジット:飯島裕)

(注)2021年6月10日現在、国立天文台三鷹キャンパス内の施設公開および見学を一時中止しています。見学の再開時期や施設の公開状況等については、国立天文台のウェブサイトでご確認ください。 本文へ戻る

参考リンク

文;小野智子(国立天文台 天文情報センター)

おすすめの記事