はやぶさ2、リュウグウからのサンプルリターン大成功!

2020年12月15日、はやぶさ2が地球に持ち帰ったカプセル内に小惑星リュウグウ由来のサンプルが確認されたとの発表がJAXA(宇宙航空研究開発機構)からなされました。はやぶさ2のカプセル内の容器(サンプルコンテナ)に収められた「サンプルキャッチャー」を開封したところ、当初の予想を超える量のサンプルが確認されたのです(写真)。

サンプルキャッチャーの内部はA、B、Cという三つの部屋に分かれています。12月15日に開封されたのはそのうちのA室です。はやぶさ2はリュウグウで2度サンプル採取を行いましたが、A室には1回目のタッチダウン時のサンプルが収められています。なお1回目のタッチダウンが行われた地点は「たまてばこ」という愛称がつけられています(2回目のタッチダウン地点の愛称は「うちでのこづち」)。

はやぶさ初号機による小惑星イトカワのサンプルは微粒子ばかりでしたが、はやぶさ2の今回のサンプルは写真からも分かるように数mmサイズのサンプルもたくさん入っていました。写真に映っているキャッチャーの直径は48mmですので、それと比較するとサンプルの粒の大きさがだいたい分かります。底面や壁面にはサンプルの微粒子も付着しています。サンプルの採取量は最低0.1gがミッションの目標でした。正確な重さはまだ分かりませんが、0.1gを超えていることは確実とみられます。

またカプセル内のサンプルコンテナからはガスが採取され、そのガスがリュウグウ由来であることも確認されました。カプセルを回収したオーストラリア、ウーメラの現地に設置した設備でガスの質量分析を行ったところ、地球大気とは異なることが示唆されました。日本へ持ち帰った後、JAXA宇宙科学研究所の地球外試料キュレーションセンターで同様の分析を行った結果、ガスがリュウグウ由来であるという判断に至ったとのことです。地球圏外からの気体状態の物質のサンプルリターンは世界で初めてです。

Image Credit: JAXA

(参照)JAXA宇宙科学研究所(1)(2)小惑星探査機「はやぶさ2」による小惑星Ryuguからのサンプルリターン結果に関する記者会見

おすすめの記事