水星の"クリスマス・クレーター"

中央に映っているのは、水星にある直径約77kmの「ディケンズ・クレーター」です。NASA(アメリカ航空宇宙局)の水星探査機メッセンジャーが2011年5月30日に撮影しました。

このクレーターの名前は、『クリスマス・キャロル』を書いたイギリスの作家チャールズ・ディケンズにちなんで付けられました。NASAのPlanetary Photojournalのページでは「クリスマス・クレーター(A Christmas Crater)」というタイトルを付けてこの画像を紹介しています。

水星のクレーターには、世界各国の作家や画家、音楽家など芸術家にちなんだ名前が付けられています。ホクサイ(葛飾北斎)やバショウ(松尾芭蕉)など、日本人にちなんだ名前のクレーターも多く存在しています。

Image Credit: NASA/Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory/Carnegie Institution of Washington

(参照)Planetary Photojournal

おすすめの記事