冬の日本海に見られる「クラウドストリート」

冬の日本海を映したこの衛星画像には、たくさんの雲の列が見られます。このような多数の雲の列は「クラウドストリート」と呼ばれます。冬の日本海では、クラウドストリートがしばしば見られます。

海は大陸に比べて温まりにくく冷えにくい性質があります。冬になって大陸が冷えると、冷えにくい海の方が相対的に温かくなります。そのため海上の空気が上昇し、大陸から冷たい風が吹き込んできます。画像に見られるクラウドストリートは、そのような風に沿ってたくさんの積雲が並んだものです。

画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の地球観測衛星テラがとらえたものです。2010年12月25日に撮影されました。関東地方など太平洋側の一部だけが雲の間から顔をのぞかせています。

Image Credit: Visible Earth

(参照)Visible Earth

おすすめの記事