アリアンスペース、フランスの偵察衛星打ち上げ成功 2020年最後の打ち上げに
フランスの偵察衛星を打ち上げたソユーズロケット(Credit: Arianespace)

フランスの偵察衛星を打ち上げたソユーズロケット(Credit: Arianespace)

アリアンスペース社は現地時間12月29日、偵察衛星「CSO-2」を発射しました。打ち上げはギアナ宇宙センターから「ソユーズST-A」ロケットを使用して行われ、成功したということです。これが2020年最後のロケット打ち上げとなりました。

今回打ち上げられたフランスの偵察衛星「CSO-2」は、高度480kmの太陽同期軌道に投入されます。この偵察衛星を使用したミッションは「Composante Spatiale Optique」と呼ばれており、3機の衛星コンステレーションを構成します。また、フランス国立宇宙研究センター(CNES)とフランス国防省装備局(DGA)が合同で行います。CSO-2は、2機目の偵察衛星となります。なお、1機目は2018年12月に打ち上げられ、今後も3機目の打ち上げが2022年に新型ロケット「アリアン6ロケット」で行われる予定です。

CSO-2は、可視光だけでなく、昼夜や天気を問わず撮影できる赤外線を使用して観測を行うことができます。

 

Image Credit:Arianespace
Source: Arianespace
文/出口隼詩

おすすめの記事